あさはかな深掘り

spatspipin.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 04日

異業種の考えかたのほうがヒントになるかも

セミナーのなかでちょっと話を聞かせてっていう機会があって
わたしの仕事の本流からは
ちと異業種のそれだったもんだから
いったいぜんたい、役にたつんだろうか…と思いながらも
誰かの役に立つんなら…って思って
行ってきました。
講師とかではないです。
事例紹介的な?


知り合いが何人か講聴にきていたので
大丈夫だったかきいてみたら
全員、斜め45度下のほうに視線をおとして
「あ…うん……」って言ってたから
多分大丈夫じゃなかったんだと思う。



そのセミナーは
わたしの普段の仕事でいうと
専門家に外注するようなやつで
その専門家の人たちが集まるようなやつだから
じつはわたしのほうが
勉強になることがすごいいっぱいあって
さっそく見直そうとおもうことがたくさん。
はじめて見たひと
はじめて聞いた事例
はじめて聞いた考えかた
はじめて聞いた言葉


5歳の一週間か、くらい
洪水のように頭に心にはいってきた。

多分、みんなもそうだと思うんだ。
本社とかデベから言われて
研修に出るけど
出たあと
「良かったなー」って思うでしょ?
「良かったし、あしたからまた頑張るんだー!」って思うでしょ?

あのね、それ
良かったなだけで済まさないように!
そんなのわかってるよって?
だめ。
すぐやるの。

じゃないと
今のモチベーションはさがってしまい
なんなら忘れてしまいます。


それにしても
異業種のセミナーのほうが
むしろ面白いかも
視点を自分に置き換えると
新しい発想になる。
ひょんなことで
お誘いうけたけど
本当によかった。
それにそういうのに
いかせて貰える
わたしの環境もほんとありがたいな。
一見仕事とは関係ないようなことに
思わぬヒントやきっかけってあるからね。

この歳になってなんだけど
まだまだ知らない人やものごとは沢山ある。
当たり前だけど。
視界を広げたい。
外が見たい。

















[PR]

by spatspipin | 2015-10-04 15:28 | 仕事


<< 誰の心にも残らないなら、嫌われ...      あなたの言語は、客につたわって... >>