<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 26日

永続的に出来ないサービスはするな

意味のない安売りやおまけが
いかによくないことなのか改めて考えさせられたんだ。

あ、意味なくもないよね?
一時期安売りすることで
得られる一時的な売り上げもあるし

いつもお世話になっている
お客様が、それを楽しく感じる側面もあるから
たまには、
たとえば、半期に一度くらいね
感謝のサービスということなら
ありだなと思うよね。


ところが
売り上げを得るためのそれとなると
それはどんどん増えつづけて
お客様は、安くなるときしか
買いたくなくなる。

そら、しょっちゅうそういう機会があれば
あー、もすこししたら
またアレがあるから
いますぐ必要じゃないものは
その時に買おう…って、思う
わたしですらそう思う


そして、
アテにしていたのに
企業都合でそれがなくなると
お客様は怒るよねー
当然の権利だと、おもっちゃってる。
よほどの人格者じゃないかぎり
それは仕方がないわな。


さて、
安売りをするに、「限定」をつけること、
あるよね。
これ気をつけなきゃって今日思った。
いつも、お世話になっている
上顧客、もしくは会員限定。

これやるとすると
ルールができるでしょう?
〇〇提示が条件。


このルールが曲者で
ルールに従わない顧客に対して
悪感情が出る、らしい。
対応するスタッフが。
しかも、真面目であればあるほど、
そう。
真面目なことは良いことなんだけどね?
そうなんだから!と
決まりをまもらない
お客様に対して
もやもやしてしまうのだとか…


たとえば
この「パスポート」と、称したクーポンをみせてくれたら
大サービス、なんといつでも10パーオフ!


ところが
そのパスポートは特別なもので
それを手にしたお客様限定なものだから
じゃあ、たとえば
そのお客様が、他人から、そのパスポートを借りてきたことがわかった。


それは
許せないってさ。



はい!!
そう思うなら、そのサービス自体やめましょう。



10パーオフが魅力で来てくれたお客様を
迷惑に感じるなら、やめよう。
いや、いいんですよ。
苦言とかじゃなくて、むしろ推進。
やめましょう。



そういう不満で
サービスが荒くなるくらいなら
やめましょう。
わかるかな?
わかるよね?



ほとほとね、
自分自身そうおもいます。
ただ、わたしもサラリーマンなんで
言ってることと
やってることがウラハラではありますが
むかし、ここいらでながきにおいて
信用されている会社の社長から
忠告されたこと
当時は、はややあ〜すみませんんん〜〜としか
思ってなかったけど


「永続的に、やれないサービスは、やるな
逆にお客様に、迷惑をかける」


と、言われたあの一言。
いま、本当にそうおもいます。





















[PR]

by spatspipin | 2016-03-26 21:29 | 仕事 | Comments(0)
2016年 03月 14日

【接客シリーズ】スマフォアプリの登録

いやいや、また太っちゃいましてねー
ほんと
ねー
なんで太るんですかねー

太るとね、なにを着てもサマにならないし
なんかしらないけど
顔もぶっさいくになるからねー
ふいに鏡にうつった日には
びっくりするからね
痩せようと思います。ん、ん。



それはさておき
レジ前で最近のあるある


自社のポイントカードのおすすめ

最近では、アプリの登録


これね、気をつけてください。
アプリの登録してもらうのに
最後はお客様情報を、登録してもらうことになっていて、ついでにアプリをダウンロードしてもらわないと
意味なくないですか?
もしくはメルマガ登録。


それなのに
お客様に気を使ってなんだろうけど
「ここは、おうちに帰ってからやってください」
って、省いていませんか?
うん、省いてる。
わたし、プラザと無印で買い物するたびに
また忘れてたー!って思うからね。
でもまた忘れるからね。


混雑していたり
お客様が急いでいるなら別ですが
そうでなければ
いま、あなたが見ているその目の前で
登録までしていただき
アプリのダウンロードまで完了してもらいましょう!
あくまでお客様がのっていたら、の話ですが。


面倒くさいんですよ…あれ。
それに、店を離れたら
アプリのことなんてすぐ忘れますから。
次にいかなきゃ
アプリのことなんて思い出しもしません。


アプリや、メルマガがなんのためにあるのか
ちゃんと考えてね。
もちろん、ポイントでのお客様メリットはありますが、きょうび、ポイントだけのために買いに来てくれるお客様なんていません。
だって、他店にもあるもん。

それらはね
あなたのお店を忘れないようにしてもらうために
それらは、あるんですよ。
それなのに、おうちでやってくださいなんてとんでもない。
お客様は、おうちでは、テレビみたりゲームしたり、おやつ食べたりするのに忙しいんだよ!


だからその場で
「もし、お時間あれば、登録していってください」っておねだりしてみようよ。

そして、その後にお客様に届く情報は
お客様のためになることを
興味にささるようなことを、発信しよう。
折角本部が用意してくれたありがたいツール。
有効活用しましょう。

本部や、ビルインの店ならデベもそうだけど
なにかを用意されたとき、
乗り切らないのは
損!
そういうのに対してぐいぐいのってかないと
あなたのお仕事も発展しませんよ!


憶測だけど
登録キャンペーンなんかもあったりして
褒賞されたりもするでしょ?
そういうのは
スタッフのモチベーション導いてがんがん楽しみましょう。



ただし
先にも書いたけど
発信するのは、お客様のためになる発信をしようね。
セール情報だけじゃなくてね
お客様の暮らしが、楽しくなるための情報のことだからね。


それがなんなのかは、
あとは自分で考えてみてな。
わたしもわかんないから(^o^)
雑談ならいつでも付き合うぜ(^o^)




しだよちゃんツイッターアカウント
https://twitter.com/sidayo/status/709332706216181760



[PR]

by spatspipin | 2016-03-14 21:16 | Comments(0)
2016年 03月 06日

【接客シリーズ】お見送りは善し悪し、ならば善に②

今日はお客様…っていうか友人?
仕事仲間?
なんなんだろうあの人(笑)
まあ、その、わたしの大事な人
…みみさんっていう人なんですけどね
その人に相談事がいくつかあって、職場に呼びつけまして(笑)


まあまあまーあ、
短い時間でいろんな話をしたんですが
そんなかで聞いた話が極めて嬉しかったのです。


そのみみさんって人は
ほぼ毎日、わたしの勤めるショッピングセンターにいて
「住んでるんじゃないか」と噂されてもおり
この館に生息している妖精なんじゃないかな
と答えておくんですが
実態は、セルバのブログライターです。
http://www.selvaselva.com/blog/



そんなみみさんが見た!



3階に「シーガルディレクション」って
渋いセレクトショップがあるんだけど
結構高価な商品を扱ってるのよ
ただし、ファッションに詳しいような大人には
痺れる品揃えのお店なんだよね。

そこの店員さんが
通路に出て
お見送りをしていたのを見たんだって。
お客様がエスカレーターの先でまがっていくところまで
ずっと、後ろ姿を眺めていたんだってさ。


その顔が、なんともいえない柔らかい笑顔だったんだって。



わかる?



「はー、楽かったなー。嬉しいなー。本当にありがとうございました!!また来てくださいね…」
って、気持ちが、顔からにじみ出ていたんだって。お客様が振り返ったのかどうかはしらないけど、その角を曲がって、見えなくなるまで
その顔でたたずんでいたのを見たんだって…。



なん!なーん!!なーーーん!!!
素敵ーーーー!!!



まえに投稿したこれ↓
「お見送りは善し悪し、ならば善しに」
http://spatspipin.exblog.jp/24873817/



こういうお見送りなら
本当に嬉しいね。伝わるね。
ふふ、今度どこかで買い物したら…
おおいにお見送りしていただいて






曲がり角で…振り返るからね……





f0126981_22360324.jpg









みみさん、先にかいちゃったよーん
ごめんねー(^o^)






















[PR]

by spatspipin | 2016-03-06 22:01 | 接客シリーズ | Comments(0)
2016年 03月 04日

女がいう可愛い子と男のいうイケメン

昔から男性が「女がいう可愛い子ってのはアテにならない」っていうのを
なんとなくわかるような気もしないでもなかったんだけど
最近、男性がいう「イケメン」も
ほぼアテにならないなーと感じている。


一般的理論では
女性のいう「可愛い」は、
着ているものや仕草言動含めての可愛いであり、
かたや、それを性的対象として期待している男性は、自分のそこをくすぐるのか否か、ということが問題なので「またか」と思うのだとか。



なるほど、やはりわからないでもない。



一方、わたしたち女性が「イケメン」と聞いて期待するのは、性的対象かどうかというより
造形美なのではなかろうか。
「イケメンですよ」と、聞いてがっかりするケースは、別にブサイクとかこのみじゃないとかそういうことじゃなくて
あー、まあ、フツメンだったなあ
今回も。
的な。
期待したのは福山だったが
実際きたのは、フツメンだったなあ…くらいの、それで。
「イケメンですよ」といった男性は
「一定レベル以上に容姿がととのっており、清潔感のある人物です」と、いいたかっただけであり。


それに対して、男性側のがっかりケースは
「俺の好みじゃなかったなあ」
ということ。



女性は「イケメン」ばかりでなく「美女」も好きなんですよ。
美しいものは、好きなんです。
でも、それが恋愛感情になるとは限らない。


女性は、パートナーを選ぶとき
先にも申し上げたとおりでして
それを含む、持ち物や、センス、気性までを含んで愛おしいものを可愛いと感じるし
それからなにより、相性と共感を重視する生き物なんです。



こういっちゃうと
男ひどいw論みたいだけど
違うんですよ。
その、男性の好みもまた様々でして。
ある人は「ないわ」かもしれないけど
またある人には「おおいにあるわ」だから
世の中成り立っているんですねーw



だから
女性も男性も、
本能的に好きなタイプを追及したほうが
幸せだとおもいます。
モデルタイプが好きな男性はモデルに
お金が好きな女性はお金もちに
野暮ったいどじっ娘が好きな男性はそのひとに
頭のいい男性が好きな女性はそのひとに
痩せてる女が好きなら痩せてる人に
デブにはデブのあたたかさ
カレーが好きならココイチへ
うどんが好きなら四国へ
あたたかさなら断然沖縄
四季を感じたいかたに京都はいいね
蟹なら負けない北陸に
ゴージャスきわまりない名古屋の文化
穏やかな気質なら東北がぴったりよ
北海道はでっかいどう



おしゃれで素敵で、でも、気さくなあなたはセルバへどうぞ。
http://www.selvaselva.com/








[PR]

by spatspipin | 2016-03-04 22:15 | Comments(0)
2016年 03月 03日

ほんと営業マンに思うこと

ずばーん、っていっていい?
いやだったら読まないで
いうよ



興味ないなら来なくていいよ!
会話にならないから。
てきとーに話聞いてるのは
すぐわかるんだ。
そんな前おき、どーでもいーから
その、手元にあるセールス資料を
いますぐ出したいよね。
うん、わかる。




あ、いやいやすみません
なんか、ちょっとわたしの身の回りで新しくでかいアクションがあるもんだから
最近やけにわたしに会いたがる方が増えていまして、でも、その件についていうと
すみません、もうすでに、
予定がついているので
いまさらわたしにはどうすることもできませんな状態なんです
すみませんすみません。



しかし
そのビックニュースをみのがさかった
営業マンが


いっぱいいて
忙しいです。




それで、沢山の人に会いましたし
これからも会うと思いますが



一言いわせてね



あなたの(御社の)商品は、
あまり他と変わらないんですよー…




わたしも
こういう職業柄
飛び道具に飛びつきたい気持ちは
あるんですが
残念ながら
あんまり、斬新な企画には
出会えないんですね。


だって、あなたかあなたのブレインは
天才かもしれないけど

わたしのまわりには
あなたたちくらいの天才が
沢山いるんですもの。



だから、大体電話口で
お会いするのを
お断りします。


ただ、きょうは違った。
わたしの話を聞きたいんです
アンケートです
と、お話しになった方とは
急なはなしだったけど
会った。
なにも自慢できるはなしはないけど…と。
いいながら。


いいんです
ただ、話を聞かせてください。






だから、
わたしは
いかに、うちの従業員がすばらしくて
素敵で
優秀で
意識がたかくて
あと、わたしとなかがよいか

という自慢話をした。
自慢話をしたほうは
自慢話をして、大変満足した。
今更、綺麗事なんかいわなーい
客は、自分語りを聞いてほしいのね。



これ、
わっかるかなー



もっと言った。






「従業員セミナーの悩み?それは講師側の問題じゃない。受け取り側が、聞いて、よかったなーと、思う、その先で、なんのアクションもしないのが悩みです。もっというと、なんとかしなきゃならない人こそ意欲がないこと。よくわかっている人は、手入れしたらますます伸びる一方なんです」



彼は、言った
「それは、お店というジャンルじゃなくて、社会人みんなそうですよね」






また来るかどうかはわからないけど
また会いたい。
彼が置いていったセールス材料?は、
よくよくわたしがしっているであろうと思われるものの、実はあまり見ていない
「販促会議」だけだった。
あ、念のためにいっときますけど
わたしは本屋さんでは、ないです。

そしたら、先日、DM大賞を受賞されたという
知人が載っていて
なんだかご縁を感じたわー




小売やメーカーのみんなは、
販促会議は、読んでみようねー☆
勉強になるよー!








[PR]

by spatspipin | 2016-03-03 22:20 | Comments(0)