<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 27日

【接客シリーズ】電話応対

ある日、落としものをされたお客様から
電話がきた。


わたしの務めるショッピングセンターは
上品で優しいお客様が多いことで定評のある
どうだ羨ましいだろのお店なので
他店に比べると
落し物忘れ物が届いている確率が高かろうと思う。
現に、いただいた問い合わせ中、感覚だけど
かたくみても6割。
やわくみたら7割、やわくみたら。
「お預かりしています」と返答しているわけで。


しかし、やわくみたらやわくみたら3割は届いていない。


届いていないし
お客様が「ここに忘れたと思う」とおっしゃる場所を見にいってもない。
こんなとき、返答するのに
なんだか
申し訳なくなる。

それでつい
「申し訳ございません」と、いいたくなる。




ちょいまった。
と、以前、わたしを直接みていてくれたときの
その上司が言った。
「あなた、及び、弊社はなにも悪くはない」


たしかに。
しかし、お客様は絶対がっかりしているし
「ありませんでした、以上。」
というのも、なんだか居心地が悪い。
だけどお客様側も謝られたところで
「いやいや、かえって…」だろう。


そこでその上司、
「ただし、ひとつ、申し訳ないとすれば
お客様のお問い合わせの、役にたてなかったことですよね」



それ以来わたしは
お問い合わせの役にたてなかった場合
最後に
「お役に立てず、申し訳ございませんでした」
と、しめている。


それを、現、直上司に褒められた。
「なんと素晴らしい応対だこと!」
わたしも、この回答は
お客様にも、自分自身にも
まるでちょうどよく
的確だと思っていたので
それを直上司に共有できて嬉しい気持ちだったのだが



そのときちょうど
たまたま、業務上の所用でこちらに来ていた
それを教えてくださった
元の直上司がそこにいた。

「あら、これは山田さんに教えていただいたことなんです」







山田さんは言った
「え?そんなこと言ったかな。全く記憶にない。」





ずっちゃっちゃずっちゃっちゃずっちゃっちゃー!(ドリフ

[PR]

by spatspipin | 2016-02-27 19:54 | 接客シリーズ | Comments(0)
2016年 02月 22日

この子育てアカウントが凄い

子供に対して、期待をすることは別に悪いことではないですが
わたしが子供を産む直前に、わたしの母が言ったことが
わりとありがたかった。

「子供をこんなふうな子にしたいなんて、いくら思っても、そうはいかないの。その子が産まれもってきたものがあるから。現にあなたがそうだった」




わたしの母は、世間的にみて
決して悪い親ではなかろう。

24歳でわたしを産み、専業主婦で4年後にわたしの妹を産んだ。
子供に本を読む習慣をつけさせたり
ジュースなどの甘いものを飲ませず、手作りのおやつをつくる。
当時はまだ、斬新な考えかたであっただろうが、
予防摂取をさせない
など、いささか神経質だが
それほどまでに、子供を真剣に慈しんでいたのだろう。



しかしわたしは思春期になると、ほどほどに、ぐれた(笑

あれほど大事に育てた娘は思いどおりには成長しなかった。
自分の影響もあり、幼いころは従順で賢かった長女は
その後も、自分が望むような進路をすすまなかったばかりか
享楽的な若者に育ち自分をいらだたせた。
まあ、結局いまはそこそこ落ち着いたので
ホッとしてるけど、というところでしょうか。
母に言わせれば。

一方、4歳下のわたしの妹は幼いころから、年齢より幼い純粋さが愛らしく
こまっしゃくれたわたしとは対局的であったが
学力的な不安は否めなかった。
その理由を、当時とし若かった母は、妹を身ごもっていたころに
家で飼っていたインコの死因が実は伝染病なんじゃないかと。
それが妹の学力の拙さに影響したのではと。
ありもしないことを
本気で悩んでいたことをわたしは知っている。



ところがその2人の娘が成長したあかつきの
着地点はまあまあ似たようなものであった。
しかし、期待していた長女に対しては失望感が残り、
期待以上な結果となった次女へは喜びが残った。

そんな母が実感した言葉は
当の長女そのひとであるわたしには
説得力があり、
わたしのこの産まれてくる子が優秀でなくても
わたしのせいではない。
と、あらかじめ思えているので、ふとしたときに
まだこんなことができない…と心配になりつつ
ま、それがこの子自身が持ってきた設計図なんだから、と、
必要以上には自分を責めずに過ごせています。

まえ置きがながかったんですが
ここでやっと
「産まれたときから決まっている論」紹介しますね。



ーーー
f0126981_23292229.jpeg

ウメチギリ (@umetigiri) 2016, 2月 21





ーーー
f0126981_23294186.jpeg

ウメチギリ (@umetigiri) 2016, 2月 21




ーーー
f0126981_23295368.jpeg
ウメチギリ (@umetigiri) 2016, 2月 21


ーーー
f0126981_23300897.jpeg
ウメチギリ (@umetigiri) 2016, 2月 21


ーーー


3人のお子さんをもつ
うめちぎりさんが気づいたこと。
子供はもって産まれた性格をもって
産まれてくる。
それをコントロールするなんておこがましい。
…というより、
それは無理だから〜
もっと楽に考えて
子供がもともともっているとくを尊重しようよ。
という趣旨。

うめちぎりさんの子育て持論ツイートは
この他にも、悩める親御さんたちが楽になること請け合い。






実は中学の同級生なんですが
本当に同級生なの?というくらい達観した子育て論。
それは
彼女も彼女のお母さんも
教育者だった経歴があって
沢山のお子さんたちをみてきたからなのでしょうね。
経験って素晴らしい。




因にうちの子は
予定日をすぎてもの〜んびり。
あと数日で促進剤、というところで
「はやくはやく〜注射されちゃうよ〜〜」とせかす私に対して
陣痛より先に前ぶれなく破水させてきたと思ったら
今度は1日半たってもおなかからなかなか出てこなく
やっとで出てきて看護師さんから
「も〜、なかなか出てこないからママ大変だったよ〜!おなかで何してたの?も〜(^^)」
と、言われてしまうほどの、のんびり屋さんでした。
だからいまもそうだし、これからもそうなんじゃないかなっ




f0126981_23303768.jpeg









[PR]

by spatspipin | 2016-02-22 21:53 | 妊娠・出産のこと | Comments(0)
2016年 02月 18日

あなたのお店の紹介をしてください

なにかの媒体に、
あなたのお店の紹介文を載せるとしたら
あなたならどんな風にかきますか?
有名なブランドで、沢山の人がしっているなら
必要のない作業かもしれません。
ブランド名だけで
知っているひとが注目するでしょう。
それはとっぱらってください。

あなたのお店のことを
知らない人に
どんなお店なのか自己紹介してみてください。
そうね、140字で。











考えた?









どんなかんじ?
難しいでしょ。
とくにファッション店は。



たいがいこんなかんじ
「ベーシックのなかにトレンドの風を取り入れた…」

「自分らしさを大切にする、遊び心を忘れない女性のための…」

「国内外からセレクトしたリアルクローズ」






わからね\(^o^)/
どんな店なのか皆目見当がつかね\(^o^)/
わたしはプロ客なのでまあまあ言いたいことと
どんな店がその言葉つかいがちなのかはしってるけど、普通は伝んね\(^o^)/




どんな人に客になって欲しいのかな
万人に?
それは無理よ。
エレガントな人はそんな子供みたいな服着ないし
青文字系の女の子は
そんなぶりぶりした服着た女になりたくないし
シンプルな人は
そんな凝った服には価値を見出さないし。

でしょ?



欲張らないでさ
誰に来て欲しいのか、着て欲しいのか、絞る。
これがいまは必要なんじゃないかな。
いまは、猫も杓子もこれを着るという時代じゃないよね?

でも、絞ったら、それ以外のひとがこなくなっちゃうから間口は広げておきたい?
ふむ。
んじゃ、そういう品揃えかな?


それにね
エレガントな人だって、子供と遊ぶときはスニーカーが履きたいだろうし
シンプルなひとも
ここぞの場面ではドレスアップする
青文字系の女の子も好きな男が赤文字系好みだったりした日には、努力な気分になるかもしんない(ごめん。わたしにも若かりし日にこころあたりあんのよw)



どんな場面で
客がなにを求めるかまではコントロールできないけど、こういう気分になった人のお店ですよって紹介しておかないと
だれの気分にも、刺さりませんよ。



あとひとつ。
やたらと酷使されるワード
「大人の女性」って、誰。
わたしも、わたしのお母さんも
わたしよりずっと若い
後輩のトミ(アニオタ)だって
大人の女性よ?


だからちゃんと、得意技を教えて欲しいのね。
興味をそそって欲しいの。




























[PR]

by spatspipin | 2016-02-18 21:11 | 仕事 | Comments(0)
2016年 02月 04日

心は離さず、目を離す

わたしは、えらっそーにしていますが
じつは未熟ものです
え、知ってるよね
すまんすまん


生まれてから
年月が経って居るから
たとえば20代のときに見えなかったことが
いまになって見えているだけで
40代やそれ以上に普通見えることは
多分、いまも見えてないのね。


今日は
踏んだり蹴ったりといえばなんだけど
あらためて
自分の未熟さを思い知らされた1日だった。

1.どうでもいいことに対して、得意の深堀で熱弁をふるい、周りを退屈にさせる。
2.悪意なく行ったことが非難を産む
3.他人のささいな言動に対してしつこくして泣かせる
4.よかれとおもったことが、マイナスになる


というかさ、全てが4.よね。
よかれが全て裏目にでるというか
素地の人格の悪さが明るみに出るというか。
もしかしたら、それは相手には見えなかったかもしれないし、見えたかもしれないし
わからないけど
「余計なお節介」に尽きすぎた。





自分のよかれは
他人のよかれではない。


わたしは自分の考えを
おしつけてしまいがち。
いちからじゅうまで
手取り足取り
これはこうだから
こう、考えるべき!みたいな
強い論調で責めがちな癖があり
いやな癖だ、と思うので
普段コントロールしながらも
ふとすると
まだやっている。


そんなことしないで
人は人の考えがあって
なにもかも自分の思い通りにしようなんてのは
甚だおこがましい
と、わかっているのに
またやってしまう。


そしてたいがい、
目をはなしていたことのほうが
うまくまわってたりすんだよなー。


距離感が、うまく測れないのね。
あと、読解力もないのね。


まあね
ドンマイドンマイ
どんとまいんど
気にするな大丈夫だ


より、目を離そう
心は離さず
目を、離すんです。








[PR]

by spatspipin | 2016-02-04 23:09 | Comments(0)
2016年 02月 02日

食べてるものにケチをつけられたとき

職場の20代の女の子が、お昼にカップラーメンを食べていた。


彼女はしばしば、カップラーメンを食べているのだが、それを見た40代オーバーの男性社員から
「体にわるいよ」と言われているところも
また、しばしば目撃する。
そして今日も、言われたようであり
彼女は、少々やるせない気持ちになり
振り向きもせず
生返事をしたという。




彼女は、とてもラーメンが好きな
20代の独身女性なので
健康にぴりぴりする年代でもないし
痩せているし
好きで食べているんだから
別にいいんじゃないかと思う。
しかし、やるせない気持ちになったということはあなた自身が、どこかやはり
カップラーメンを食べることに対して
罪悪感なのか、ちょっとした恥じらいなのか
なんかしらのネガティヴさがあるからなんじゃないのかしら、と、わたしは指摘した。

すると彼女はこう言った
確かに、こんなものしか食べられない、という気持ちがあるのかもしれないと。


ランチを外食すれば
少なくとも800円はかかる。
栄養バランスのよいお弁当を買おうにも600円はかかる。
毎日そんなランチは食べられない。


たしかにわたしも同じだ。
ただ、わたしの場合、昼食は大半は自作弁当なだけで。
しかも、独身の場合、ひとりぶん自炊するとなると、かえって割高になったりもするしね。


それで彼女は
手軽で安くておいしくて、あたたかい
カップラーメンをしばしば食べているのだけど
わたしやわたしの同僚も
わりとカップラーメンを食べていることはある。
なのに、彼女だけが
「体に悪いよ」と、声をかけられるのはなぜなのか。

それはな
あなたが、若くて可愛いらしい娘だからだよ。
男性社員は、若くて可愛いらしい娘に
なにか声をかけたくて
なんの気もなしにか、
本気で体を少し心配してか、
どちらかの気持ちでいってるだけだよ。





「じゃあ、今度から、お昼ごはん、ご馳走してくださいよ!て、いいます(^o^)」






わー、喜んでご馳走してもらえるなあそれ。


いいなー……









吉田さんも、一緒でいいですかって
いってくれねえかなあ…






それ、いわれた瞬間に、男性社員は急に忙しくなるやつだな。






















[PR]

by spatspipin | 2016-02-02 22:04 | Comments(0)