<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

【接客シリーズ】すっげー綺麗な人への接客

すっげー美人が稀にご来店しますよね
なんかびっくりしちゃって、
でも、びっくりしてることを悟られてはならないとか、美人ですねー!なんて言葉をかけても
「またか」って思われそうで
なかなか言えないよね。


あと、おなじ美人でも
なんか「この人美意識高すぎてついていけない」
とか思って、スルーしたくなったりしますよね。


しかも
そんな類い稀なる美人は、浮世ばなれしているというか
我々凡人とはちやほやされさが違いすぎるからなのか
職業からしてもう
モデル、とか、
もうよくわかんない世界の職業だったりするし
なんかどう扱ったらいいやら

なんか、普通じゃないというか
ずれてる人が多いというか…


パン!パン!!(手をはたきました)



冷静になれ。
舞い上がるな。


美人も
同じ人間です。
妖怪扱いすんな。


綺麗だなー、と思ったら
「綺麗ですねー」って言って大丈夫です。

わたしの周りには
綺麗な人がわりとたくさんいますが
みんな綺麗って言われたがっています。
だって、綺麗な人の最大の価値は
綺麗なことなんだもん。


頭がいい人は頭がいいことが価値
面白い人は面白いことが価値
それと同じだから
遠慮なく褒めてください。

もし、君が
うーん、そうだな
お洒落にきをつかっているとして
あ、
販売員なんだからあたりまえか
でも、
「お洒落だよねー!」って言われたらどう?
嬉しいでしょ?


とびぬけて綺麗な人も
そこそこ綺麗なひとより
綺麗さを大事にしています。
努力しています。
その努力を楽しんでいます。
だから、美容や健康のはなしなんかが大好きです。



わかるかなー?

もし、謙遜されても
そう思っているなら
「ううん!こんな綺麗な人、なかなかいません!びっくりしました!」と、言ってみて
綺麗な人に相応しい
素敵な装いを提案してね。




ちなみに
わたしは
面白い人だと言われると
喜びます。
だって、面白いなーって思ってほしくて
いろいろ投稿してるから。



あんたは最後にゃいつも自分の話だなーって?
はい、自分が好きなんです。
みんなそうじゃない?






[PR]

by spatspipin | 2015-11-29 20:24 | 接客シリーズ | Comments(0)
2015年 11月 28日

【接客シリーズ】普通のOLさんかな

なんどもなんども言っていますが
なんどもいいます

「お客様を見なさい」と。


どんなお客様なんですか?その人

ひとめみて、どんな印象ですか?



___________________________
「普通のOLさんかな」の巻
____________________________


硬めの職業でしょうね。
それか、好きでそうしているか。
どっちか。

あなたは、ファッション界にいるので
普通のOLさんの生態をよく知らないかもしれないけど、普通のOLさんのなかみはあなたのまわりの人とさほど変わりません。
あなたが「普通のOLさんかな?」と思うようなお客様は、会社のドレスコードが厳しい方か、自分内の規律が高い方かと。

地味めだな。
と、思ったらますます要注意。

大体は、ただ、ビジネスシーンで必要な鎧を着ているだけです。
鎧を脱いだら、なにがしたいのかは
その人ごとに違います。





___________________
つーか、なんだ
普通のOLさんって
____________________


君こそ、普通のOLさんからしてみたら
「うーん、普通の店員さんかな」だってばw
違うでしょ?
君のお店は、そこらのお店と違うでしょ?

OLさんたちも、
違うんですよ。
職業が。
もっというと、OLじゃないかもしんない。


でも、まあいいやそれは。
で、
むしろ、あなたが思う普通のOLさんは
ビジネス着と、遊び着が必要で
大変だし
人によって、目指すおしゃれが異なるから。

なにが欲しい人?
髪型は?
靴は?バックは?
うちのお店に、たちよってみてくれたのは
なぜ?
なにが欲しいの?


_________________________________
↑欲しいのは服じゃないからね
__________________________________

その服を着る、そのひとなり、だからね?

どんな、自分を、演出したいのか
ということが
そのお客様にとって
1番の関心ごとだからね?




だから
まず、聞いて!
一見普通のOLさんは
本当はどんな人なのか。




「今日はビジネス着ですよね?」





そうじゃないのか
そうなのかはまた人それぞれ。





と、普通の、高齢OLが申し上げます。






[PR]

by spatspipin | 2015-11-28 22:30 | 接客シリーズ | Comments(0)
2015年 11月 27日

「お前のブログは我々をバカにしてんのか」

ゆうべは、長いことアパレル業を営む友人と会っていました。
長いことアパレル業を営む以上に、長いこと友達なもんで、歯に衣着せぬ物言いで駄目だしなんかくらう相手なんだけど
わたしの書いてるブログについても
駄目だしきたよね。



「あのさ、わたしの仕事の関係のひともさ
ほら、わたしがフェイスブックでつながってたりするもんだから
あなたのブログ読んだみたいでさ
なかなかいいこと書いてるっていわれたんだけどさ、わたしは違和感あるんだよね。
販売員初心者にむけて書いてるのはわかるんだけど、なにあの幼稚園の先生みたいな文調…」







きました







きました







きましたよ




「バカにしてるみたいに感じるんだけど」




そ、そうすか




これはね
彼女がわたしがもっと性格がひねくれていて
口が悪いことを知っているから
ブログで、人格を偽っていること、
批判されるのが怖くて、やんわり書いてるのが
バレちゃってるのね。
確かに。確かに。






「あんな書き方じゃ、素直にのみこめないよ」







おう!
勿論そういうつもりではないのだが
偽りはいかんな。
今後は
もっとキレていきますw
























[PR]

by spatspipin | 2015-11-27 06:32 | 接客シリーズ | Comments(0)
2015年 11月 24日

やろうと思っていてもやらなければやろうと思わなかったのと同じ

「やらなきゃやらなきゃ、って思ってたんです」
って言い訳


よくします\(^o^)/


やろうと思ってたんだから
やろうと思ってなかったより
立派でしょ?わたし
わかってたんですよ?
やったほうがいいことは!



じゃあなんでやらなかったの?


時間なかったから。
あまりにも忙しくて
他の業務に追われて
やりたくてもやれなかった。



んじゃ
先にやろう!
やりたいと思ってることは
スイスイすすむから。
それやってから
どうしてもやらなきゃならない
腰が重くていやいややってるそれは
納期が迫れば
しかたないから
時間内でなんとかやるから。な?



それでも、その、やりたいことやらに
手をつけないのであれば



…たいしてやりたくないんだよそれ。


じゃあもうやらなくていいよ。
そのかわり、やればよかった
やろうと思ってたのに!
って絶対いうなよ!!





と、自分にいいきかせたとこ。







[PR]

by spatspipin | 2015-11-24 22:14 | 仕事 | Comments(0)
2015年 11月 17日

まるごと愛してくれる人

こないだね
凄く大事な友達に会ったんですよ

彼女と出会ったのは
もう、20年くらいまえかな
お互いの彼氏の彼女という出会いだったんだよね。
でも、そのまえから
たまたま職場がちかくて
地下鉄でたまにみかけていて
なんとなく、認識していたら
ある日、彼女が、穴のあいたスエットを
あえてね、着ていたの。
そしたら
隣のおばあちゃんに注意されていて
ああー、これー
あはははは!
って、優しく笑っていたのみて
向かい側のシートでにやにやしてたら
目があって、どきっとした。


そのあと、彼氏の友達の彼女として
紹介されて
それから
ずっと、友達。


なんだけどね?
彼女とわたしは彼氏ぬきで
気があっちゃって
容赦なく、「他人」だったら
言わないような本音を
結構いう仲になった



好きとか
嫌いとかの次元じゃなくて
なんかもう
不可欠な人なんだよね



きれいごとで
優しく慰めあうことはあまりしない
むしろ、取り繕いのきれいごとをいうと
しかられるよね。

だから
ときには傷つけあう事もあるよ。


でも
いつも
問題の、根本を
なんなのかって
話し合える人

汚ならしい気持ちを
「こんな汚らしい気持ちでいます」
と、いっても、
それを否定したりはしない。
いや、われわれはみな
汚ならしいのだよ
と、いう。

そんな人は
なかなかいなくてさ

自分の汚ならしさや
いやらしさを
もっとアッケラカンと
彼女以外のひとにも
話すことができたら
わたしはもっと
楽になるんだろうなー
と、思うけど
なかなかね
嫌われちゃうかもって思っちゃうから

だから、彼女は
わたしからすごく信用されてる存在なんだよね
汚いわたしも
受け止めてくれるっていう
信用


えーっと、親子なのかな?


ま、長い付き合いだからね。
顔とかはお互い厚化粧で
偽りに偽っておりますが
心には偽りなく
お付き合いしたいものです。







さてさて




f0126981_19593711.jpg

よく見せようと盛ります





f0126981_19593759.jpg

現実こんなもんですが、



現実こんなもんのほうが
好きだといってくれるひとも
わりと多いのかもしれません
どんなんでも、素を愛すべきみたいなとこ
みんなあるでしょ?
でも冷静になってーw

盛ってるほうが
10倍以上まし。
もはや別人です。

まあ
どっちがすきとか以上に
そういう偽りをいやだなー
と、思う人もいるでしょう。

でも彼女は
よく見せようとしているわたしまで
ひっくるめて慈しんでくれる。
可愛くみせようと必死になっている状態の
私さえ、好ましいと。
だって、素をさらしてるのも
盛りを見て見てしてるのも
どっちもわたしなんだもん。



で、


「くみちゃんは(いい年して)赤いリボンつけられるメンタルが可愛いの!」
と、ななめうえから
私を弁護してくれやがるのよね


出会えてよかったって
心から思う。
年に何回かしか会わないけど
大事な人です。


でもプロフィール写真は
やっぱり盛るよね














[PR]

by spatspipin | 2015-11-17 00:11 | くみごと | Comments(0)
2015年 11月 08日

わたしのお店に偉い人はいません

わたしのお店に電話がかかってくるとき
電話に最初に出るのは交換の人と思うのか
ご意見などが目的のお電話だったりすると
開口いちばんに
「偉い人をだしなさい」
と、いわれることがあります。

どのようなご用件かとうかがうと
「いいから偉い人をだしなさい」
と言われるので

偉い者というとどのような…とうかがうと
「いいから男の社員をだせ。」

恐れ入りますが
弊社には
担当者や責任者はおっても
偉人の男性はおりません…ご容赦ください









…と、ご説明する妄想。




本日も
お疲れ様でしたー。








[PR]

by spatspipin | 2015-11-08 18:51 | 接客シリーズ | Comments(0)
2015年 11月 06日

恥ずかしくなれば自分でやめるでしょ

きょうはひさしぶり実家に。

わたさは、いささか忙しい仕事をしており
子育ては
実家のサポートをうけています。
むすめは、幼稚園が終わったら
わたしの実家ですごし
わたしの帰宅にあわせて父が
送ってきてくれるという
保育園に預けて働いてる同僚たちには
頭下がりっぱなしの生温状態。
恵まれているなーって思います。

そんな事情もあって
わたしのやすみの日くらいは
両親にゆっくり過ごしてほしくて
わたしも訪問を控えていたりして


しかし今日は、機会もあって
何ヶ月ぶりかに実家にいきました
そこで、たまりにたまった報告を
母と交わし合うのですが


娘は、もうすぐ6歳だというのに
赤ちゃん言葉がぬけません。
おくち、おはなみたいな
御付き言葉は、べつによいと思うのですが

手→てって
足→あんよ
寝る→ねんね

これは、春から小学生なのに
どうかなー…と、ふりかえると
まず、わたしが言ってるんですよねw
いつまでも赤ちゃん扱いしてしまって…
ついつい…

それで母に、その旨、告げたところ

「あら!わたしもそうよ!」

と、いうので、そろそろやめないかと
切り出しました。
あかちゃーん!って、からかわれるかもしれないし…って。
すると






「いいじゃない!かわいいもの!」






うん。そうなんだ。
かわいいんだ。
エレベータも、えべれーたー
スモックは、すもふく
DVDはリーブーディ
そんな娘がかわいくてかわいくて
なんか、なおすきになれないというかwww





「自分で恥ずかしくなったらやめるでしょ。
かわいいんだからいいじゃない。
わたしも自分が小さい子の母親のときは、そういうのがわかんなかったんだけどね。」





はーーー
そういうもんですか!
あなたに赤ちゃん言葉を正された
わたしが今畏れ入ってますよ!

うん確かにさ
母の預かり知らぬところで間違えて覚えてしまっていて恥かいた言葉なんてのは
大人になってからもいくらでもあるしね。





いまだに、家でトイレのときは
ついてきて、っていわれたりするのも
なんか焦って
1人でできるようじゃなきゃ、お姉ちゃんとはいえないねー、なんて諭していました。
だって、幼稚園では1人でできてるわけで。
それも
母から言わせると
「 そのうち、見ないで!とかいわれんだから、今は拭いてあげんのよwいまだけよー?」







登り棒ができないの…
「んなもん、一生できなくても大丈夫。
あんたもできなかったわよ。わたしもできないし。」








はーー。
そうですか。



なんか楽になったなー。









[PR]

by spatspipin | 2015-11-06 21:26 | fu | Comments(0)
2015年 11月 04日

【接客シリーズ】話だけしにくるお客様

もうね、タイトル見ただけで
おもわずクリックしてしまったでしょ?
あるでしょ?どこのお店でも。
感じのいいお店ならなおさらあるって思うんですよね。これ。

え?ない?
そうでしたか、これは失敬失敬。


先日、わたしのところにこんなお悩みが舞い込みました

ーー
「そのお客様は、商品を買うわけでもないのに、話だけをしにくるんです。
それも、いちどやにどでなく、5分10分のことでもなく、他のお客様の対応をしている間にも
ひっきりなしに話しかけてきて、とても困っています。どうしたらいいのでしょうか。」
ーー



はい、とことん、商品をお勧めしてください!
商品は好きなだけ見てもらったらいいと思いますよ。
そのとき買わなくても、見てくれるだけいいじゃないですか。

そして、他にお客様が居るようなときは
その方はほっといて他のお客様を接客してください。
それでなにか文句めいたことをいわれるなら
「○○さん、わたしたちも仕事中なのでわかってくださいよ〜」
でおk!
大丈夫。わかってくれますから。
あなたのことが好きでお店にきている人なんですから
わかってくれますよきっと。

どんな業種のお店でもね
お店のことを大事に思っている常連客というのは
「自分はいいから、先にあちらの新規のお客様のお相手をして、沢山の方にご愛顧いただいてね」
と、応援する気持ちのほうが先にたつもんなんです。
それを、無茶ばっかりいいつけて
その上、わかってもくれない、
そもそも買ってもくれないとなったら
その方はお客様ではないんですよ。


もしあなたが勤務しているのはビルインのお店で
「わたしが、毅然としたせいで
ビルに苦情がいったらどうしよう・・・」とおもうなら
あらかじめビルの担当者に、相談しておくのもいいかもですね。
事後でも同じことですが
先にわかっていてもらえていた方が
なんとなく、安心するでしょう?


あ、ただし、まれなケース。
ちょっと危ない感じの方だったら
そこは自分の身を守るために、最善のことをしてくださいね
怖くなったときは
警備員さん呼ぶとか警察呼ぶとか。
それはケースバイケースですが


ひとと対峙する仕事って大変ですよね。
とくに自分が売り手側だと、
ものすごく気を使いますよね。
でもね、よく考えてね
無理をしてまで、そのお客様の”無茶”につきあう必要があるのかないのか。


そして、困っていたり悩んでいたりのときは出来るだけ
誰かに話してしまいましょう。
悩んでいるときというのは、自分の考え方の癖がでやすいもの。
誰かに話してみることで、自分では思いもよらなかった考え方や解決法が
実にあっさりみつかったりするものですよっ。
[PR]

by spatspipin | 2015-11-04 21:17 | 接客シリーズ | Comments(0)
2015年 11月 03日

コメントするのは難しい

前に、みみさんが言ってたっけ。

あ、みみさんっていうのはね
わたしの働いているお店のお客様なんだけど
わたしがやっている仕事をボランティアで手助けしてくれているひとで…
なんのこっちゃですかねw
いろいろ助けていただいているんだけど
いまは主に、ブログを書いてもらっていて。

【宣伝】
みみさんのブログが読めるのはこちら
セルバ頑張る部
http://www.selvaselva.com/blog/



そのみみさんがね、前に言ってたんですよ。
「発信するより、コメントするほうが難しい」
って。


ほんとそう。
ブログのコメントとか
SNSのコメントとかって難しいの。
つきなみだったり、的はずれなコメントするくらいならまだいいけど
そんなつもりないのに悪意にとられたらかなわんし、無視されたら悲しいから躊躇したり
相手の性格や距離にもよるし。


だからコメントって
なかなかできないの。
なにか思ったとしても、ふっと考えてしまうと
できなくなるのよね…。


しかし
わたしのフェイスブックにいただくコメントって
みんな上手いというか
すごく、わたしの気持ちを汲んだかんじのコメントくれるの。
なんでなのー?




たとえばね






この、お弁当画像のせたら

f0126981_23450713.jpg








こう

f0126981_23450704.jpg






これには

f0126981_23450824.jpg




こう

f0126981_23450849.jpg







だからわたし、わたしのフェイスブックが大好きなの。
いつも、コメントくださるみなさん
本当にありがとうございます。
わたしもキレのあるコメントできるようになりたいです。
たまに変なコメントしちゃうときは許してください。













[PR]

by spatspipin | 2015-11-03 22:49 | Comments(0)