あさはかな深掘り

spatspipin.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 31日

どうしてテーブルの上にのぼってはいけないのか

うちには子供と犬がいるんですが
子供と犬はなかのいいときもあれば
そうでないときもあります。

なかのよくないときは
犬がむすめにむかって吠えたりすることもあって
そうするとむすめは
怖がって、犬がのぼってこれないテーブルの上に逃げたりするんですよ。


「テーブルの上にのぼっちゃだめでしょー!」と、わたしはいいます。
テーブルの上にのぼっちゃだめでしょ?
だめだよね?


はて
なんでテーブルの上にのぼっちゃだめなんだっけ?
嫌な感じがするのはたしかだけど
なんでなんだっけ



人をまたいではいけません
たたみの縁を踏んではいけません
本を踏んではいけません

なんか嫌なかんじがするから
しないようになっているけど

なんでだっけ
なんで嫌なかんじがするんだろう。


きっとわたしは
ただただ
だめなもんはだめだからだめ。って
それをしないように
洗脳されたんだな。
だって理由がわからないんだもん。
だめな理由は、あるんだろうけど
わたしはわからないでそうなってる。


躾がなってないと恥ずかしいから。
だれが?わたしが?
じゃあ、わたしが恥ずかしくなければいいんじゃないの?
躾られない親が恥ずかしいと思っている
からでしょう?
いやいや、いいんですよ
躾られないことを恥じるのが悪いなんて言ってないです。
親の顔がみてみたい、なんて言われちゃうしね。


ただ、
「だめだということになっていることをやってる人や言っている人に実害もないのに腹をたてる」
のは、なんか違うと思うんだよね。


最近あまりみなくなったけど
電車の中で化粧をしている人に腹をたてるなんてのもそれで。
粉がとんできたとかにおいが、なんてのは実害だと思うけど
腹をたてているひとのいい分をきくかぎりは
だめだと言われていることをしていることに対して腹をたてているわけで。


わたし?わたしはしないですよ
恥ずかしいし
粉とばしたりするかもしんないし。
身内がしていたら、やめなよっていいます。
恥ずかしいし
粉とばしたりするかもしんないし。
でも、他人がしてるぶんには
別に腹がたつことはないですかね。
粉とんできたりしてないし。


そういうのを
無関心というのかもしれなくて
これまたいいのか悪いのかよくわかりませんが
腹がたつってあんまり体によいことじゃなさそうですけどね。
刺激になっていいのかな。
たまには。



なので今度からは
あなたがテーブルにのったりすると
わたしの顔をみたがる人が増えるからやめて
ってむすめにいいます。











[PR]

by spatspipin | 2015-10-31 06:39 | くみごと
2015年 10月 29日

不倫とか浮気が良い悪いなんてのはだれにもなにもわからない

不倫がいいの悪いの
的なテーマのブログが
わたしの身近でプチ炎上しましてね。
思ったことと、ひとつだけ、わかったこと。


不倫がいいのか悪いのかって 言っても
そんなことわかりませんよ
ケースバイケースでしょ
他人の事情に首突っ込んでる場合じゃないから
んなもん、知りません。

ただ、ひとつだけ、わかるのは
された方が、いいきぶんは絶対しないということ。それだけです。

かく言うわたしも
曲がりなりにも妻です。
されたら
いいきぶんはしません。





ところで
即身成仏て知ってますか?
生きながら死ぬことで仏になれるとかいうことで
当時、いっせいをふうびしたらしい
その頃、きゅうきょくおしゃれなミイラ化なんですけどね?
即身成仏になるにはまず、偉い僧になってね
地域の金持ちがその僧が即身成仏になることで
地域の安全安心が約束するんだとか?
僧が、即身成仏になった代償に
地域の金持ちがお金を払って
インフラを整備したり…する…とか…ねえ…もう
まじ、いみわかんない…


だって、即身成仏って、ようするに
生きたまま死ぬみたいなことなんですよ。
死ぬことにむかって、死ぬその日までに
死ぬための準備というか、
なんか木の実くらいしか食べなくなったりとか
いろいろ調整しながら
だんだん死ぬんですよ。
そして、死んだら、地域のひとたちは
大喜びで、金持ちのお金で橋をかけたりなんだりかんだりして、
ミイラの僧は、仏とか言われて…



なにそれ…


その感覚は、その当時に生きていた人でないと
到底理解できないらしい。
うん。できない。
いいから金持ちよ
だれも死ななくても
橋くらいかけてやれよ
としか思えない。





はなしを不倫に戻しますが
一夫一妻制が整備されて以来
多分「浮気、ダメ絶対」になったんじゃないかな。
でもね、その前時代だって
男女の関係による
嫉妬はあったでしょう。
そりゃあるさ。
その当時のこと、即身成仏もふくめて
酒でものみながら
誰かと想像したり
意見を交わしたり
しながら、だらだら話してみたい。





で、現代に生きるわたくしは

ダメなことだから
許されないことだから
浮気はしない

というのは
別にうれしくはない。
浮気する暇もないほど
おまえが好き、とかじゃなければ
しかたがないというか…
まあ、なんというか…
恋は不慮にやってくるものだからね。
それを
不倫はだめなことだから
だめなことになっているからだめなんだから
なんつってもしかたがないというか…
彼がわたしに恋しなくなってしまったのだから
しかたがないというか…


ただ
こころは傷つくでしょう。
たびかさなれば離婚するかもしれない。
それは、なぜかというと
不倫はだめなことだからじゃなくて
自分が悲しむことをしたことが許せないからでしょう。



とはいえ
旦那はんが、奥さんから職も自由も奪ったあげくになんのケアなく他所にいっちゃってとかは
酷いと思うし
旦那はんの自由もお金も奪った挙句に性欲まで否定して、そのうえ、その性欲殺せとかいうのも酷いと思うしね。

同情するべき理由もあるでしょう。
だから、
ケースバイケースかなと思うんですよ。
そうやりながらも
なんとか、家庭活動を、継続しようとする人を
非難する気には
なれないんだな。
他人についてはね。


子供がかわいそう?
それって、本当にそうかな。
不倫で可哀想なんじゃなくて
不倫による、
子供があらがえないような
理不尽な出来事で影響が起こることが、
可哀想なんじゃない?

たとえば
母ちゃん父ちゃんがある日とつぜんいなくなったとかさ。
それによる不仲で、激しい夫婦喧嘩を
否応なしに見せられちゃうとかさ。
そういうことなんじゃない?


つまりなんだろう。
いいか悪いかなんて
本人にしかわからないってことかな。





[PR]

by spatspipin | 2015-10-29 00:51 | くみごと
2015年 10月 28日

機嫌の良いときは、助言をうけいれやすい

きのうの件から一夜明け



あたらしい朝がきた希望の朝…じゃねいよ
寝不足だよ
うう…
しかし決めたんだ
今朝は怒らないって決めたんだ


幸い、お弁当もない朝なので
掃除機をかけて
朝風呂
湯船に浸かり…ぶふぇ〜っとしてから


爽やかママ「ふうちゃんおきなさーい♡」



素直に起きてきます。

顔を洗おうか?
嫌がります。
わかった、あとでね。
でも、顔汚いよ。


わたしは、
幼稚園の制服を
ひとりで着替えさせないととやっきになっていた。
毎日、この作業でもたもた
わたしいらいら


でも今日は違います。
着せました。
大人になっても、自分で着替えられないわけないんだから。
きせてあげます。


顔をあらいましょう。
よだれで顔が汚いよ。
あらいました。




つぎはごはん
うん、いつもどおりたべません。
おくちに運んであげます。
それがさそい水になったのか
あとはひとりで食べました。
わたしは洗濯ものを干します。

食べ終わりません。もう食べたくないんだよね。
随分太ってんだから
もう結構。

歯を磨きましょう。
磨きました。



さあさあ、靴下をはきなさい。
はきません。
はかせてあげます。


ママがやさしいので
調子こいて、ママのことを
デブだのなんだの言ってきます。


バスがきました。
いってらっしゃい!
バスの中で、ママのデブって言ってるのはわかってるよ。
いつもわたしがふうこデブっていうからだよね。


いつもと同じ
ゴールなのに
なんだか楽だったな。






仕事が終わり、帰宅。
娘も帰宅。

いつも同様に
寝ない寝ないとがんばります。
それに対して、フーン、と無関心をきめこみます。




ママ、寝よう。





おやすみ♡









いまから缶チューハイのみながら
明日のお弁当の仕込みします♡




相手をどうにかすることに
ついやしていても無駄というのは
まさにこのこと。
自分が気分よくすごすには
自分の気の持ちようね。


自分が気持ちよくて
にこにこしていれば
相手もご機嫌になるのね。
ご機嫌だと、助言も受け入れられるのね。
ママ、よーくわかりました。





[PR]

by spatspipin | 2015-10-28 22:39
2015年 10月 27日

感情的なブログをたまには…

娘はこのごろ
ママ、あまりきびしく教えないでねとか
ママ、かわいいおかおして
というような言葉をしばしば発しています。

わたしが怒りすぎているから。



とにかく時間がなくて
すごくいらいらするんです。
朝とかなんかとくにそうで
自分もでかける支度をしながら
娘の世話をしていると
本当に本当にゆとりがなくて
娘が、スケジュール通りに動いてくれないというそれだけで、焦りで自分に余裕がなくなってしまい
「はやくしなさーい!」

と、数々の育児書ななどで
言ってはいけないとされている言葉を
発してしまうんです。
きつくいうと、なんとかいうことをきいたとしても、娘も不機嫌。
喧嘩しながらなんとか
幼稚園バスに乗せて
わたしもダッシュで仕事に向かう、
そんな毎日です。


なんで子供って30秒でやれることを30分たってもやらないの?
しかもなんどもやりなさいって言ってるのに
最後に雷おちるまでやらないのー!!!





はい。
本当は、知ってます。
やりたくないんです。
やりたくないのにやれやれいわれたら
ますますやりたくなくなるんです。
おい、あたしもそうだろうが!



はあ…また言ってしまった…
感情にふりまわされて
大人になれない…
毎日ずたぼろの朝




仕事も、わたしの能力がひくいせいで
なかなか終わらず
今日も遅くなってしまった…などとおもいつつ
10時頃帰宅するわけですよ。
うちの場合、幼稚園にいかせて、
わたしの帰宅までは、実家でみてもらっているという生活なのですが
はやく寝せてくださいと
幼稚園からも指導されていて
わかっとるわい!とおもいつつ…
わたしが、無能だから…
でも仕事しなきゃ、この子を養っていけないし…

と、とにかく、
はやく寝せなきゃ…


………


……









寝ないんですよ。


わたしも、戦争のような朝からいままで家にいないわけですから
やらなきゃならないことが山なんですよ。
なのに寝ないんですよ。
しかも、やっと寝たかとおもって、床から離れて、やれやれ、やっと食事の支度…


「ママ……」



ってなんでおまえ起きてきたんですか!?
さっき寝たよね?なにしたの?

ママがいないと…ぐす…



ふー(−_−;)
いらいらしながら
ねかしつけるんですよ。
で、いつのまにかわたしも
寝ているっていうね…




もうやだこんな生活。
いらいらいらいらいらいらいらいら





あー、やめだやめだ
こんな生活やめだーい!


もー、わかった。!

おっけーおっけー
わかりました。
わかりましたわかりました。



寝なくていいよ
もう、起きてよ。
ママやらなきゃなんないこといっぱいあるから
起きてまってて
眠くなったら寝よう。
明日の朝も、起きたくなければ起きなくていいよ。
あした幼稚園はプールだね。
行けないね。
でもしかたないよね。
起きたくないんだもん。


…って、やっと12時過ぎに寝てくれた今日。





さて、あしたはどうなることやら。
もう
着替えたくなければ着替えなくてもいいことにしてみよう。実験実験。





(−_−;)大丈夫かな…





[PR]

by spatspipin | 2015-10-27 23:25
2015年 10月 23日

どうしても気持ちがふさいでしかたないときに

わたしなんかは喜怒哀楽の激しい単純人間なので、多分自分の状態は他人からみたら
わかりやすいなんてもんじゃなくて
なにもいわなくても
何を考えているかわかるくらいのレベルだと思います。
なのに
自分棚上げごめんで、今日も失礼。


うん、またなんだ。




さて


「表情」というのは
自分の状態を示している
サインなんですね。
たとえば犬。
彼らは、人間ほどは顔には表情は出にくいですが
体全体で自分の状態を示します。
もちろん顔で示すものもありますけどね。

犬が、しっぽをふりふりしているときは
触っても大丈夫なんていいますけど
あれは、犬自身がご機嫌なため
「いまならおまえと遊んでやってもいいくらい、俺はご機嫌だぜ?」という、犬の状態なんです。
逆に、怖いとか、怒っている
ような状態のときには
それなりのポーズをしています。
背中の毛をさかだてていたり
しっぽがまたにはいっていたりとかね
あるんですよ。
「近ずくなよ、今俺に近ずくなよ」って
示してるサインが。
そのサインを、犬とのコミュニケーション慣れしてない人が、気づかず触ってしまって
吠えられるとか、へたしたら噛まれるとか
してしまうんですよね?

人間もそうなんです。
不機嫌な顔してる人は
「わたしに近ずくな」
というサインを出している。
人間も動物ですからね
そのサインは本能的に避けます。


近寄りがたいと言われるんです〜
なんて言ってる場合じゃないですよ。
なにも引き寄せない人になってるだけなんだから。
まあ、いつもにこにこしてる人が
くもった顔してたら
「大丈夫かな」
って心配になって声をかけることもありますが
それは、いつもにこにこしてるが前提だし
また、
それも度々になれば
「またか。そっとしとくかw」にかわるでしょう?


不機嫌だからって
不機嫌な顔していても
なんにもいいことありません。
あのね、空元気でも
元気にふるまっていると
なんだかその気になるもんです。
人は楽しそうな人にあつまりますから
そうしているうちに
なんと自然と元気が湧いてくる。
気が紛れるとかいうとなんだかなですが
視野が広がるんですよね。



前述したとおり、
これはわたし自身がこれなんですよね。



凄く疲れていて
夜寝て、朝になっても依然、疲れがとれていなかったり、体調わるかったりしてると、特にね
いやだなー、会社いってまた
誰かに怒られたり、わたしが怒ったり
いろいろ嫌なことあるのかなあ
それにあの調整、この調整、
めんどくさい…
はぁ…もうずっとこのままうちにいたいよー
誰とも会いたくない気分だよー
なんて日がね、365日のうち
200日くらいあります。

でも、
出社して、忙しさに紛れながら
人と話したりしているうちに
おひるくらいまでには
朝とはまるで違う気分になってることも知ってる。
だから外にでられるんですよね。




いまは、元気を出したくないあなた。
本当に誰にも構ってほしくないくらい
辛いときは
そうしていたらいいとも思います。
ただ、いつまでもそうだと
人が近づかないから
どんどん視野が狭くなっていって…
ますますその辛さが募るばかりでしょうね。
それがいいなら、
その人なりなんだし
そうして構わないだろうけど
はやくその辛さから逃れたいなら
誰でもいいから人と会って
最後の気力を振り絞るつもりで
口の端の両側をあげてみてください。
脳が勘違いしてくれて
楽しさ物質を放出してくれます。

それ以外は、なにも頑張らなくていいから
そこまでだけ
がんばってみてください。
意外と、どうにかなるもんです。





[PR]

by spatspipin | 2015-10-23 21:36 | 仕事
2015年 10月 10日

誰の心にも残らないなら、嫌われたらほうがまだまし

近頃、接客シリーズばかり書いていたので
そろそろ「あさはかな深堀り」に戻したいが
なんかネタがない。と、後輩のトミーに話したら
「戻す必要がない。需要もない。」
と、言われました。

こんばんは
吉田です。


会議である議題があるとします。
んー、たとえばね
そうだな…
そのお店で、こんど発売するこの商品がおいしいかどうか、
みたいな事が議題にあがるとします。


それがたとえば
お菓子だったとします。


会議に出てきたお菓子なんて
おいしいに決まってるでしょうに。
お菓子なんて、大体おいしいでしょうに。
それが、会議中に、無料で、出てきたお菓子だったら、尚更おいしいでしょうに。
っていうか、おいしいっていうしかなかったりしないかな。

たいしておいしくない商品が
流通してしまっているのは
その結果なのでは(´・_・`)
…と、おもいを馳せています。


味の好みは人それぞれだしね。
そのときのコンディションもあるし
ただで食べたらおいしくても
これが○○円で買ったなら
そこまでの価値をかんじるかどうかもあるしね。

会議でみんながおいしいっていったのに
売れないお菓子。

また、逆もあります。
会議では嫌われたのに
なぜか売れたお菓子。
企画もののつもりだったけど
定番化!みたいなことも。


なにがいいたいのかというとですね
お菓子の話がしたいわけじゃなくて(笑
お菓子=企画
とかね、ご自身のお仕事におきかえてみてね。

つまり、あまり、人の意見に振り回されないようにしたいですよね、ってこと。
ばんにんうけするものを作っていても
誰にもささらないです。

好き、という人がいればいるほど
逆に、嫌いという人が1割は出てきます。
そのとき
「嫌い」という意見は
深くつきささってしまうんです。
ひとは、本能的に、嫌われるのは嫌なの。
だから9対1で、9の人が
好きっていってるのに
その1に臆してしまうの。
それじゃあ、世の中は
どんどんつまんなくなっていく
って、
これは、ある方が、いっていたことの受け売りなんだけどね
わたし、その言葉に痺れて
その方に、仕事の依頼をしたことが
あるんだ。


嫌われるのはわたしも
嫌だよ
嫌わないで!やだー!嫌わないで!!
でも、嫌われたらしかたないなって諦めなきゃな。だって、そうじゃなきゃ
誰の特別にもなれないんだもん。

好きの反対は、嫌いじゃなくて
「無関心」だったっけ?







[PR]

by spatspipin | 2015-10-10 22:57 | くみごと
2015年 10月 04日

異業種の考えかたのほうがヒントになるかも

セミナーのなかでちょっと話を聞かせてっていう機会があって
わたしの仕事の本流からは
ちと異業種のそれだったもんだから
いったいぜんたい、役にたつんだろうか…と思いながらも
誰かの役に立つんなら…って思って
行ってきました。
講師とかではないです。
事例紹介的な?


知り合いが何人か講聴にきていたので
大丈夫だったかきいてみたら
全員、斜め45度下のほうに視線をおとして
「あ…うん……」って言ってたから
多分大丈夫じゃなかったんだと思う。



そのセミナーは
わたしの普段の仕事でいうと
専門家に外注するようなやつで
その専門家の人たちが集まるようなやつだから
じつはわたしのほうが
勉強になることがすごいいっぱいあって
さっそく見直そうとおもうことがたくさん。
はじめて見たひと
はじめて聞いた事例
はじめて聞いた考えかた
はじめて聞いた言葉


5歳の一週間か、くらい
洪水のように頭に心にはいってきた。

多分、みんなもそうだと思うんだ。
本社とかデベから言われて
研修に出るけど
出たあと
「良かったなー」って思うでしょ?
「良かったし、あしたからまた頑張るんだー!」って思うでしょ?

あのね、それ
良かったなだけで済まさないように!
そんなのわかってるよって?
だめ。
すぐやるの。

じゃないと
今のモチベーションはさがってしまい
なんなら忘れてしまいます。


それにしても
異業種のセミナーのほうが
むしろ面白いかも
視点を自分に置き換えると
新しい発想になる。
ひょんなことで
お誘いうけたけど
本当によかった。
それにそういうのに
いかせて貰える
わたしの環境もほんとありがたいな。
一見仕事とは関係ないようなことに
思わぬヒントやきっかけってあるからね。

この歳になってなんだけど
まだまだ知らない人やものごとは沢山ある。
当たり前だけど。
視界を広げたい。
外が見たい。

















[PR]

by spatspipin | 2015-10-04 15:28 | 仕事