<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 29日

ぽと

f0126981_23192440.jpg

[PR]

by spatspipin | 2011-11-29 23:18 | ピピン | Comments(4)
2011年 11月 21日

ぴ、ピピン!?

f0126981_22491453.jpg


とうとうフーコのこと認めたのか?
つか、フーコの表情wwww
[PR]

by spatspipin | 2011-11-21 22:47 | Comments(6)
2011年 11月 13日

泣きながら寝る

フウコのいたずらがすぎた一件があり

「ごめんね、ごめんね」
という言葉に対して「わかったよ、もういいよ・・・」といいつつも
落胆するそぶりを続けていたら
空元気を出しいつも以上に楽しげに振る舞ったり
玩具で遊びに誘ってきたりする

それでもしつこく落胆するそぶりをしていたら
もう寝ようと言って寝室へ連れて行かれる

寝室で2人きりのなか
しくしく泣いているので
「思いっきり泣きなさい。でも、ふうちゃんのこと大好きだよ。」
と、声をかけたら一瞬だけわっと泣いて
そのまま眠った


フウコが初めて後悔をした日なのかも
[PR]

by spatspipin | 2011-11-13 23:24 | fu | Comments(6)
2011年 11月 05日

あっというまの7年

今日はスパッツの命日だ


毎年とくになにをするわけでもない
ただいつもより強く思い出すだけ



ピピンがこの前5歳になったということは、そうか、あれからもう5年も。
じゃあわたしたちと犬との生活がはじまってからはもう7年にもなるのか。


あっというまだった
ほんとうに

More
[PR]

by spatspipin | 2011-11-05 05:59 | 家族 | Comments(2)
2011年 11月 03日

伯父のこと

コーヒーを、奥行きのある味にいれることができたときは
彼のことを思い出していた

もしかしたら
初めて飲んだコーヒーは伯父がいれたコーヒーだったのかもしれない
それは勿論お砂糖と牛乳がたっぷりはいったものだったと思うけど


奥行きのある人だったと思う
いつももの静かで煩いことを言う事のない大人だった
けれども、大事なことを言うときは
目立つ声でないけれど
大切な形で話してくれた


そしていつも子供たちが「わっ」と沸くようなことを計画してくれた
彼の子供を含む同年代の従兄弟たちが集まるような
夏休みや冬休みに伯父の家にいくことは
胸が躍るような楽しみだったことは
絶対に伯父のいたずらのような計画が影響しているはずだ


その伯父の葬儀で初めて知ったこと


伯父の家業はなんとなく知っていた
でも、それは父の実家の長である伯父の仕事のことであり
じつは、それとはまた別に町や社会に対して多大なる貢献をしたということを
わたしは知らなかった


そこで関わった人たちが、葬儀で声を震わせて惜しむ
私のしらない伯父を語る
それはきっと、伯父が、自分語りを好まなかったために
わたしが知らなかったことだったのだろう


わたしも大人になり、別の町で、似たようなことを目指している
(伯父の功績に比べたら、そのまたシッポの先の産毛に掴まっている程度のことだけど)
そのことを初めて知って
生前にもっと、話をしたかったとか、情報をききたかったとか
そんなことも思わなくもないけれども


そんなことより、伯父の姪っこであることを誇りに思った
[PR]

by spatspipin | 2011-11-03 00:03 | 家族 | Comments(2)