あさはかな深掘り

spatspipin.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 28日

4300g

f0126981_2234052.jpg新生児訪問ということで今日は保健婦さんがフウを見に来た
こういうことしてくれるのも知らなかったからびっくりしたけど有り難い

フウは逆に心配している程に手がかからないし
わたしの体もこれといってきついこともないうえ
両親がかなり手厚くサポートしてくれているので
わたしの場合幸いなことに、今のところ悩みっていうほどの悩みはないんだけど
それでも、この先の検診とかワクチン接種のこととかを説明してくれたり
健康状態をチェックしてくれたりして、来てもらえて良かったっておもった

いまの所フウのことで心配なのは画像のとおりの赤ちゃん湿疹と
上記もしたとおり、異常なのでは?とおもうほど手がかからないこと

それはどちらも心配いらないということ
でもそういわれても心配するのが親ってもんなんでしょうか?
はい、そういわれても心配なのです



生後26日目、体重は4300gですって
あいかわらずハイピッチでおおきくなってますなあ〜〜〜!
体の成長は全く心配なさそう



ピピンはお客さん(=遊んでもらえる)だと勘違いして
何度も新しいおもちゃを保健婦さんに見せびらかしていました
[PR]

by spatspipin | 2009-12-28 22:58 | fu
2009年 12月 24日

甥っ子

f0126981_17473494.jpg妹の息子ふたり、つまり甥っ子ふたり、つまりフウの従兄がふたり

この2人はもっと小さかった頃にスパッツに突き飛ばされたりしたので
ピピンのことがちょっと怖いんだけど
今日はちょっとだけ慣れたみたい
一緒におもちゃで遊んだり
[PR]

by spatspipin | 2009-12-24 17:53 | 家族
2009年 12月 23日

21日目

f0126981_8552263.jpg産後3週間で家事解禁!


ケイのお母さんとバトンタッチで両親が手伝いにきてくれていたんで
ずいぶん楽させてもらってたんだけど
今日からちょっとだけ忙しくなるかな?

3週間でフウはずいぶん大きく、ずいぶんまん丸くなって
産まれたばかりのときともまた顔が変わったように思う

そして、わたしに絶対絶対似ないでほしいと念願の指と爪もなんだか怪しくなって・・・
[PR]

by spatspipin | 2009-12-23 08:54 | fu
2009年 12月 20日

f0126981_823074.jpg12月19日義妹の結婚式

大雪の翌日
快晴の下の雪景色が感動的に美しかったみたい
こういうのってなんだか天からの贈り物みたいで嬉しいよね


わたしはまだ外出できないので出席することができなくて残念・・・
写真のおみやげ
神前式で白無垢、綿帽子の花嫁は新鮮でとっても可愛いかった
[PR]

by spatspipin | 2009-12-20 08:20 | 家族
2009年 12月 19日

1週間検診

1週間検診なるものがあって
退院して1週間たった日に赤ちゃんの体重やパイ飲み量などをはかるものに行ってきた

母に、なにそれ1週間検診なんて普通は1ヶ月検診じゃないのかと問いつめられたが
病院が来てっていってるんだから行くものなんでしょうと言ったら納得してくれた
あとから聞いたら、1週間検診なんてきいたことなかったからなにか体に異常があるためそういう指示をされているのではないかと不安に思ったらしい
ありがたいじゃない1ヶ月もみてもらえないなんてなんか不安だよ
もちろんこの先1ヶ月検診にもいきますよ〜


入院中の産後教室で「退院後の体重は1日20g増えてればok」と教わったのにたいして
なんと1日68gペースで大きくなってた
すごい
退院時の体重は3185g
1週間で3660g

パイ飲む量もはんぱなくて
なんと138gも飲んでいた
看護師さんにびっくりされた

太鼓判で問題なし



この件を母に話すと
あまり飲ませるなとおかしな指示をされた
母は小さいものが好きな性質で
胎児のときに大きくなりすぎているかも・・・という心配をした件のときも
「どうするの!そんなでっかい赤ちゃんごろっとしてて可愛くないんだよ!」とこれまたへんてこりんなことを言われた
大きく産まれた赤ちゃんが可愛くないだなんてそんなことはないし、何億歩か譲ってたとえ可愛くなかったとしたってそういう問題ですむことなら全く結構なことです・・・

なので、皮肉なかんじで「わたしみたいにチビな不細工に育つと良くないんでいっぱい飲ませます」という意味のことを告げた

これについてなんと父が賛同した
実に複雑な気分だ



f0126981_133488.jpg

[PR]

by spatspipin | 2009-12-19 13:04 | fu
2009年 12月 18日

ピピンのこと

f0126981_7981.jpg妊娠中「赤ちゃんが産まれたら飼い犬が焼きもち焼いて大変なんだってよ」と、何人もの人に言われた
たしかにわたしたちはピピンのことをまるで自分の子供のように思って扱ってしまっているので
そう言われるとまあ少しは心配になるものの、ピピンがまさかそんな赤ちゃんを排除しようとするような行為や嫌がらせをするところを想像ができなかった
大変なんですってね〜心配ですね〜なんて言いながら
フンなにさピピンのこと何も知らないくせにとも思ったりした(大人げなくてすみません)







退院した日がピピンとフウのはじめてのご対面
その日はわたしの両親と、手伝いにきてくれているケイのお母さんが昼食の準備をして自宅で待ち構えてくれていた

ピピンははじめて見た赤ん坊に一瞬興奮!
「なに?これなに?」というかのようにとにかく匂いを嗅ぎたがる
赤ちゃんの泣き声を首をかしげて聞きとりたがる

犬は犬を知らない人がおもっている以上に利口で、これはやっちゃだめなんだよ、と飼い主が教えたことはだいたい理解する
理解するまでに時間がかかることもあるけど・・・
だから冷静にピピンに赤ちゃんに対するいろんなことを教えたかったのだが
口々にピピンだめだだめだ!キャー!あぶない!わーわーわー
と騒ぐものだから帰宅して早々にものすごくイライラしてしまった
ピピンはなにもしていないのに・・・

あんまり騒がれるので、わたしもピピンが利口なところを見せたくて
待てとか出ろとかの号令に従えるんだよっていうことを実演してみせたりしてるのに
それをまたケイが無頓着にピピンを扱ったりするもんだから
ますますイライラして無意識に声を荒げてしまっていたようで「なにイライラしてんの」と言われた
反省して気持ちを落ち着かせようと頑張ったらなんかものすごく疲れてしまった

わたしの両親が帰ったあと
さっそくピピンは
いままで自由に出入りしていた寝室にはピピンは入れなくなったこと
赤ちゃんに触ってはいけないことを理解して実行していた
わたしはバ飼い主なので「ほんとうにピピチャンはお利口さんだ」とひとり感心した
赤ちゃんの存在にも数時間で慣れてしまって、その頃には興味すらないようだった


翌朝になって、ピピンがわたしより先に起きていたので声をかけると
ものすごく嬉しそうに体をくねらせて
「触って!触って!」とやって来た
遊ぼうか、と言うとぴょんぴょん跳ねながらおもちゃをもってくる
まるで子犬の頃のよう
わたしが食事をとるためにピピンからはなれると
わたしの近くで伏せをしてまた声をかけられるのをじっと待っている

こんなにいい子なのにどうしてあんな風に悪者扱いをされなければならないのかという悔しい気持ちと、我慢をさせてしまって申し訳ないという気持ちとで胸がパンパンになってしまって
涙が出た
とまらなくて
泣きながら食べた

その後は身内が懸念していたようなことは一切なく(あたりまえ)その様子をみて安心したのかピピンの評価もすこしはあがったようだ

いまはフウが寝室にいるときに部屋には入らずドアの前で様子をうかがっているところがとても可愛い
[PR]

by spatspipin | 2009-12-18 08:01 | ピピン
2009年 12月 17日

産後

f0126981_1013820.jpg退院の日は母が「冬に産まれた子の特権」で編んでくれたニットのおくるみ
女の子だからってピンクじゃなきゃいけないことないなんていってたけど
ベビーピンクと女の赤ちゃんってのは実に合うものなのだなとなんか納得
あまりつっぱらないことにする


入院してから退院後の2週間はケイのお母さんが手伝いに来てくれた
食事から洗濯から掃除から
普段わたしがやれてないようなことまで事細かにやってくれて
そのうえピピンもフウもとても可愛がってもらって
それに、きっとケイも気が休まったとおもう


すごく有り難かった助かった感謝感謝
それに初めて食べる料理が美味しかったりして
わたしの料理のレパートリーも増えるかも
家事解禁になったら早速作ってみようとおもってるものがいくつもあるから



ところで、産後の女性がしてはいけないことやしたほうがいいことってのが結構あるらしく
母やケイのお母さんに結構いろいろ注意されたことが↓
◆冷たい水を触ってはいけない
◆できるだけ目をつかってはいけない
◆靴下をはきなさい
これらは病院からは指導されたりはしませんが周りから守らないと年を取ってから大変だと脅されます

年を取ってから体が冷えたり、目が悪くなったりするそうだ・・・って
ん〜〜おばあさんになったら今より寒がったり目が悪くなったりするのは
出産のせいだったの??????

まあ、多分産後は体をあたためてゆっくり休みなさいっていういみの
「嫁に秋なす食わすな」的な言い伝えなんだろうね
昔はいまより冷たい水を使って行う家事が圧倒的に多かったと思うし
こういう言い伝えでもないと、働き手としてこき使われることもあったのかもしれないし

でもわたしも必要以上に目をつかってしまう性質なのでパソコンの使用や本読み時間に気をつけてるよ
体を温めるのは
んん〜〜〜暑がりなんで苦手だなあ



◆餅をたべると乳の出がよくなる
ってのもあるらしい

糖分とると母乳の分泌が増えるようだから
昔食べるものがあまりなかったころは
糖=炭水化物=餅をたべさせたんだろうね

栄養が充分な現代では必ず必要なことではないんだろうけど
おまじない的なかんじで入院中に餅、食べときました

注意)おっぱいトラブルによっては餅がNGな食べ物な場合があるらしいです!
[PR]

by spatspipin | 2009-12-17 10:21 | 妊娠・出産のこと
2009年 12月 16日

名前のこと

f0126981_14495928.jpg一部の友達には話したことがあったはず


この子につけた名前は、妊娠がわかる前からもしもわたしに女の子が産まれたら〜の仮定で
音の響きありき、2通りの漢字で考えていた

だけど、字画が良くなくていったん断念したのだ
友人知人、親戚のみなさんは「あれ?あなたが字画なんて気にするの?」っておもうことでしょう
自分のことなら占いもおまじないも信じてないくせに
我が子のこととなるとなにものにもすがる勢いなんだわね
我ながら笑わせる



その後、妊娠がわかってしばらくして性別もわかってきて
いくつか名前の候補を決めようかという頃になり
他の姓名判断をためしてみたところ、なんと片方の漢字だとなかなかの運勢であることがわかったのです

要するに姓名判断は、鑑定する先生によって違うらしい

な〜〜〜んだ

それでいくつかあった名前候補のひとつに再度入れて
産まれてきて顔をみてからどの名前にするか決めようと思っていた
凛々(リリ)、鈴(レイ)、小鳥(コト)、楓子(フウコ)



予定日直前の検診の日
病院を大通り側にでると街路樹の楓の落ち葉が道を彩っていて
とてもキレイに見えた
それをみて
「あ、産んでみてもし違和感がなければ楓子にきめよう」と思った

そして産まれる直前に出かけた公園でも



楓子が産まれたあとで
仕事関係でお世話になっている国語の先生に産まれたことと名前の報告をしたら
「楓の実には翼が生えている」とメールをもらった
考えてなかったけどそういえばたしかに羽が生えてる


はからずも、これは良い名前だったのではないだろうか
[PR]

by spatspipin | 2009-12-16 11:06 | fu
2009年 12月 15日

遺伝子

それにしても赤ちゃんはいろんな人に似ている
わたしの子供の頃の顔、ケイの寝顔にはもちろんのこと
妹の次男にそっくり=私の母親にも
ケイのお姉さん=お父さんにも似ている
いま思いつかなくても、きっともっと似てる人いっぱいいるとおもう



見る人が見た、一番近い親戚の顔に必ず似ているから面白い
「都合がいい」なんて皮肉ないいまわしもあるくらい
入院中、見に来てくれたひとはそれぞれ「誰某に似ている」と言う
でも言われてみればたしかに似ているのだ
不思議だなと思う
すごいぞ遺伝子




この子は大きく産まれてきたせいか顔が出来上がっていて、いわゆる新生児顔ではなかった
もうすでに2〜3歳か?っていうような顔をしているもんだから
「可愛い、美人」とみんなに言われた
わたしはそういわれると悪い気はしないどころか正直嬉しい気持ちになっていた
c4がやってる人気ブログにもそんなようなことを書いてもらってまたすごく嬉しかった


しかし後日、同ブログにて「あの夫婦からこんな可愛い赤ちゃんが産まれるとは・・・」というc4からのコメント(笑)


まさに晴天の霹靂
そんなことはこれっぽっちも考えていなかったので衝撃的だった
以降、可愛い赤ちゃんというような意味の褒め言葉をもらっても、上記のようなことを思われてのことと思うと全く嬉しくなくなってしまった

しかし赤ちゃんの顔は日々かわるもの
幸い、退院して数日たった今、ぐんぐん成長しているため
私たち夫婦の子供らしく、まんまるとした、なんとも愛嬌のある風貌に変化してきている


そうそう、ひとつ、これだけはわたしに似なくて本当に良かったと思ったところは指と爪
大きくなったらネイルのオシャレをさせてあげよう
[PR]

by spatspipin | 2009-12-15 14:55 | fu
2009年 12月 15日

個室について

f0126981_1238450.jpg画像は入院中のまくらもと
タオルのセンスがアレなんだけどそのへんはちょっと流して(笑)
花はC4がお見舞いに持ってきてくれた
本当はもっといぱいいろいろもってきてくれたけど
とりあえず花up
さすがC4、わたしの花の好みをびしっと押さえてきやがる
効いた







**********
さて、わたしは2人部屋を選びました
なぜかというと、いざ「入院します」というときに
「個室がいいかどうか」問われたので
できたら個室がいい旨を伝えると、今2人部屋ならあいているという
2人部屋でも大部屋よりはいいんだろうなと思ったのでそうしてもらった

2人部屋は2部屋あって+1500/day
個室は1部屋あって+3800/day(確か)

少なくても割り増し料金になるのだったらそっちのほうがメリットがあるんだろうと思うよね普通
考え方なのかもしれないけど
あんな2人部屋なら大部屋のほうがずっとましだった!!

だってね
すごい狭いの
ベッドとベッドの間、20cmくらいしかないの
それに、入り口を出入りするのにもぎりぎりすれ違えるかどうかくらいだから
いつもどっかにがつんがつんぶつかってたし
経産婦はわかるかもしれないけど、出産後の入院中って赤ちゃんが寝てるカートを連れて移動するじゃない?それがあるからますます狭いんだよね

一方大部屋はどうかっていうと
多分、昔子供がまだたくさん産まれていた頃はあの部屋にもっとぎゅうぎゅうにベッドを入れていたんではないだろうか・・とおもうんだけど(あくまで想像だけど)いまは6人部屋になってて
ベッドとベッドの間隔が結構あるのね
そのうえ、だいたいいつも4人くらいしかはいってないからなんか広々してるんだよね〜
それにローテーションもするだろうからそんなに気を使うでもないだろうし

わたしの部屋は、もう片方のベッドに同じ日に出産した人が入院していて
・・・ということは最初から最後までずっと一緒なんだよね
個室は全日埋まっていたようなのでしょうがないとしても
2人部屋はもう1部屋が空いてる日もあったりしてたんだから
せめて1日でも1人になれるように同じ出産日の人同士で同室にしないくらいのこと考えてもらえないもんなんだろうか
まあ、考えてもらえないもんだからああなってるんだろうけど


実はこの同室の方が授乳がなかなかうまくいかなかったりして大変苦労されていて
一晩中泣いてたり(赤ちゃんじゃなくてママがだよ)とかした日もあったり、一晩中眠れてない日がほとんどだったり
そういうのも丸わかりしちゃうのよ狭いから!!
迷惑とかうるさかったとかでは全くなくて
むしろとても気持ちの良い方で、わたしはラッキーだったとすらおもっているんだけど
でもそういう状況だとなんだか胸が痛むじゃない。変に声かけるのもなんだし・・・
息をひそめるじゃない、先方がわたしに気をつかわないように気を使うじゃない
いまからでもいいから大部屋に移らせてと頼もうかどうか迷ったけど
そんなことしたら同室の方が自分のせいかと気にするかもしれないじゃない

というわけで、あんな狭い2人部屋は意味がないので
3部屋ぜんぶ個室にして、あとは大部屋にしちゃってくださいと言いたい
言ってないけど
だって言う機会もなかったんだもん
だったら全室個室の病院選べば?っていうだけの話ですみません

しかしこの病院、出産にかかった費用は約42万8千円
安い!!!!
自己負担したのはたったの8千円程度でした
比較的うちの近くにある評判の良い個人病院は70万って聞いたよ
[PR]

by spatspipin | 2009-12-15 13:06 | 妊娠・出産のこと