2016年 02月 18日

あなたのお店の紹介をしてください

なにかの媒体に、
あなたのお店の紹介文を載せるとしたら
あなたならどんな風にかきますか?
有名なブランドで、沢山の人がしっているなら
必要のない作業かもしれません。
ブランド名だけで
知っているひとが注目するでしょう。
それはとっぱらってください。

あなたのお店のことを
知らない人に
どんなお店なのか自己紹介してみてください。
そうね、140字で。











考えた?









どんなかんじ?
難しいでしょ。
とくにファッション店は。



たいがいこんなかんじ
「ベーシックのなかにトレンドの風を取り入れた…」

「自分らしさを大切にする、遊び心を忘れない女性のための…」

「国内外からセレクトしたリアルクローズ」






わからね\(^o^)/
どんな店なのか皆目見当がつかね\(^o^)/
わたしはプロ客なのでまあまあ言いたいことと
どんな店がその言葉つかいがちなのかはしってるけど、普通は伝んね\(^o^)/




どんな人に客になって欲しいのかな
万人に?
それは無理よ。
エレガントな人はそんな子供みたいな服着ないし
青文字系の女の子は
そんなぶりぶりした服着た女になりたくないし
シンプルな人は
そんな凝った服には価値を見出さないし。

でしょ?



欲張らないでさ
誰に来て欲しいのか、着て欲しいのか、絞る。
これがいまは必要なんじゃないかな。
いまは、猫も杓子もこれを着るという時代じゃないよね?

でも、絞ったら、それ以外のひとがこなくなっちゃうから間口は広げておきたい?
ふむ。
んじゃ、そういう品揃えかな?


それにね
エレガントな人だって、子供と遊ぶときはスニーカーが履きたいだろうし
シンプルなひとも
ここぞの場面ではドレスアップする
青文字系の女の子も好きな男が赤文字系好みだったりした日には、努力な気分になるかもしんない(ごめん。わたしにも若かりし日にこころあたりあんのよw)



どんな場面で
客がなにを求めるかまではコントロールできないけど、こういう気分になった人のお店ですよって紹介しておかないと
だれの気分にも、刺さりませんよ。



あとひとつ。
やたらと酷使されるワード
「大人の女性」って、誰。
わたしも、わたしのお母さんも
わたしよりずっと若い
後輩のトミ(アニオタ)だって
大人の女性よ?


だからちゃんと、得意技を教えて欲しいのね。
興味をそそって欲しいの。




























[PR]

by spatspipin | 2016-02-18 21:11 | 仕事 | Comments(0)


<< この子育てアカウントが凄い      心は離さず、目を離す >>